VISA master JCB AmerricanExpress 無料会員登録 ログイン カートを見る
プラセンタ・ラボ HOME 製品の優位性 製品の飲み方 今すぐご注文 定期コース お客様の声

重要なご連絡: プラセンタ・ラボはリニューアル致しました!【Joyプラン公式サイト】◆ こちら ◆  『プラセンタ01』の詳細は◆ こちら ◆
メインメニュー 当店プラセンタの優位性 お客様の声 ご購入理由ランキング プラセンタの飲み方 安心の試験成績書 全公開 プラセンタのアミノ酸含有量比較 よくあるご質問 店長挨拶 ご注文の流れ 取扱い商品一覧 初めての方はお試しパック! 定期コースが断然お得! キャンペーン情報 プラセンタ01お試しパック 定期購入がオススメです! プロ用導入液PPエッセンス プルベイヴ-高級枠練り石鹸- プラセンタはどれも同じではありません サプリメントの選び方 プラセンタ注射をする前に プラセンタのはたらき プラセンタ体験談 プラセンタ体験!私たちの2ヶ月 プラセンタで火傷が… プラセンタで黒皮症が… 血液検査で驚きの結果! プラセンタコラム プラセンタについて 婦人科系の病気とプラセンタ 身体に関するお話 美容辞典 お問合せはこちら 皆様の声をお聞かせください フリーペーパー掲載誌 他ショップQR 楽天ジョイショップQRコード プラセンタ・ラボQRコード
SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
観念の欠落と性教育の未熟
婦人系の病気とプラセンタ

店長コラム:【観念の欠落と性教育の未熟?】

別のコラムで… 「健康講話」で「婦人科の病気」に関するお話をすると、 聞き手の女性の集中力が高まったり、メモを取る方も増える!

そんなことを書いたと思いますが、これは何故かといえば…

必要な教育をしっかり受けていないからだと私は思います。

性的な情報は蔓延し、年端も行かない子供が、SEXだけは一丁前に覚える時代ですが、 知っていることといえば、 性病や妊娠に関するわずかな知識に過ぎないと言えるでしょう。

子宮頸癌についても、生理が安定しないうちからSEXしたり、 複数と経験すればするほど、そのリスクが高まることも既に分かっている訳ですし、 そういった「リスク」についても早い時期から説くべきだと思います。

もしそんな時間をしっかりと設けられるようになるのであれば…

病気になるから気をつけなさい!という単純なメッセージだけではなく…

子供を産むことの意味、そのために与えられた(女性として授かっている)機能について、 より正しい観念を植え付けてあげるべきではないか…そう思うのです。

もちろん、親の役割が最も大きいことは言うまでもありませんが、 教育現場の取り組みとしても「非常に大きなテーマ」だと思います。

異常に行き渡ってしまっている性的情報と裏腹に、 女性自身が、女性の身体について知識が足りていない…

もちろん、男性はもっと疎いわけですが、 私たち日本人は、「出産」をどう捉えて
きたのでしょうか?

未来を支えていく「子供」の存在をどう捉えているのでしょうか?

ここに「しっかりとした大人の観念」が必要だと思いますし、 その観念が出来上がるような教育が施されていないのが何より大問題です。

それでいて快楽(ストレス回避)だけを追い求めるような性的情報が氾濫していますから、 何もかもとは言い過ぎですが、かなりおかしな方向に進んでいると思います。

「出産」「継承」を真剣に考えられない国になっていっている事実に愕然とする
です。

土台(思想・観念)が間違っているところに、安易に性情報が飛び交い、 この先もいったいどうなっていくのだろうと案ずる他ない状況です。

このことは、結果的に女性が身体を粗末に扱うことに結びついてしまっているように感じます。

経済面も含めて、良いパートナーとのご縁があったらという話になりますが、 女性には子供を産んでもらわないと日本は沈没する訳ですから、 何も癌のリスクが高まるような実情(小中高校生のSEX)を放置することも無いでしょうし、 もっと望ましい教育を施して、身体を大切にしてもらい、 元気な子供をたくさん産んでもらわねばならないのです。

若い人にも激増している「子宮頸癌」などは、 間違った観念が作り上げた産物でしょうし、 「予防ワクチン」が出来たからいいという訳でもありません。

タバコを大量に吸い、お酒を大量に飲んで、健康食品に頼るようなものです。

女性には男に無い「多くの病気」があります。

凄く大切な役割を果たす部分だからこそ、相応に複雑であり、様々な病気があるともいえるでしょう。

私たちが子供の頃から、 性教育については大間違いの連続(コソコソしていた)だった訳ですが、 もっと「子孫繁栄」と真正面から向かい合わなければならなかったのだと思います。

生まれてきた以上、後ろに繋げていく役割を重く受け止めなければならないでしょうし、 男女共に望ましい観念を持ち合わせた上で、身体の違いを学び、 その上で「身体」を大切にしなければならないことに気付くのかも知れません。

だからこそ、身体をより深く理解する必要があると思いますし、 そんな意識が自然に生まれるような社会でなければならないのかもしれません。

出回っている情報は、本当に必要なことより、 あまり早いうちから広がりすぎない
ほうがいいと思われるようなことが多いように思います。

東北大震災に学ぶことが多々ありましたが、 人と人の絆、つとに家族の絆については、みなが深く考えさせられたことでしょうし、 軌道修正の良いきっかけになってくれればと思います。

▲婦人科系の病気と症状に戻る

▲ページの上部に戻る

pagetop
プラセンタ・ラボ トップ 商品一覧 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー 会社概要