VISA master JCB AmerricanExpress 無料会員登録 ログイン カートを見る
プラセンタ・ラボ HOME 製品の優位性 製品の飲み方 今すぐご注文 定期コース お客様の声

重要なご連絡: プラセンタ・ラボはリニューアル致しました!【Joyプラン公式サイト】◆ こちら ◆  『プラセンタ01』の詳細は◆ こちら ◆
メインメニュー 当店プラセンタの優位性 お客様の声 ご購入理由ランキング プラセンタの飲み方 安心の試験成績書 全公開 プラセンタのアミノ酸含有量比較 よくあるご質問 店長挨拶 ご注文の流れ 取扱い商品一覧 初めての方はお試しパック! 定期コースが断然お得! キャンペーン情報 プラセンタ01お試しパック 定期購入がオススメです! プロ用導入液PPエッセンス プルベイヴ-高級枠練り石鹸- プラセンタはどれも同じではありません サプリメントの選び方 プラセンタ注射をする前に プラセンタのはたらき プラセンタ体験談 プラセンタ体験!私たちの2ヶ月 プラセンタで火傷が… プラセンタで黒皮症が… 血液検査で驚きの結果! プラセンタコラム プラセンタについて 婦人科系の病気とプラセンタ 身体に関するお話 美容辞典 お問合せはこちら 皆様の声をお聞かせください フリーペーパー掲載誌 他ショップQR 楽天ジョイショップQRコード プラセンタ・ラボQRコード
SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
プラセンタ・ラボの美容辞典
美容に関する辞典です。
下記からキーワードの頭文字を選択してください。

コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は,もともと体の中にある細胞を校正する補酵素の1つ。体に様々な有益な効果があり、特にエネルギーを作るときに重要な役割を果し、抗酸化作用に優れている。20歳をピークに40歳ごろからどんどん減少する。
体内では総ての細胞に見られるが、特に心臓組織に多く存在する。そのためコエンザイムQ10が欠乏すると、最初に心臓に影響が出る。
コエンザイムQ10は、ユビキノンともいわれ、中年以降は体内合成されにくい栄養素。
心臓患者の50%〜75%にコエンザイムQ10不足が見られると言う研究報告もある。
科学者たちの間では体内のコエンザイムQ10の量が25%以上不足すると、高血圧、心臓病、狭心症、免疫力低下、歯周病、脱力感、体重増加などを引き起こすと信じられており、時には若くして死を招くこともあると言われている。
ココアンホ酢酸Na
サトウキビから得られる黒砂糖を由来とする成分。
両性合成界面活性剤。油脂を乳化させる作用があり、硬水でも洗浄性や起泡力がある。化粧品では、肌への保湿効果があり、乳化剤として使われる。マイルドタイプの洗顔料やシャンプーの原料にもなっている。
繊維には、帯電防止剤、柔軟仕上げ剤として使用される。
主に、洗浄剤、ヘアコンディショニング剤、起泡剤、合成界面活性剤、乳化剤などとして、化粧水、乳液、クリーム、洗顔料、ヘアトニック、ヘアローション、シャンプー、頭髪用化粧品などに配合される。
ミネラルを含み、肌荒れを改善したり、皮膚細を活き活きさせる作用があります。
ココベタイン
アルキルベタインにヤシ油を加えて合成した両性界面活性剤。
毛髪の柔軟効果があり、帯電防止、保湿効果があるのでシャンプーやリンスに多く使われている。毛髪に艶としなやかさを与える。
主に、帯電防止剤、洗浄剤、皮膚コンディショニング剤、親水性増粘剤、ヘアコンディショニング剤、起泡剤、合成界面活性剤などとして、シャンプーやリンスなどに配合される。
コハク酸
コハク酸は、カルボン酸の一種。動植物界に広く分布している有機酸。はじめコハクの乾留により見つかったためにこの名がついた。
クエン酸回路を構成する化合物のひとつで、コハク酸デヒドロゲナーゼによって酸化され、フマル酸となる。
貝類に含まれるうま味物質でもある。うま味を感じさせる作用は、コハク酸ナトリウムの方が高い。pH調整剤や調味料として食品に用いられる他、メッキなどの工業用にも用いられる。また炭酸ガスを発泡する入浴剤の成分でもある。
天然ではアーモンドの種子、琥珀に含まれる。化粧品の原料としては工業的に合成されて作られる。
無色〜白色の結晶性粉末。水、アルコール、グリセリンによく溶ける性質。
肌をひきしめる収れん効果があり、肌のキメを細かく整える目的での化粧品に配合される。他の酸性成分や塩類と組み合わせてpH調整剤としての目的としても用いられる。
コムギデンプン
コムギデンプンとは、イネ科植物のコムギの種子から抽出して得られるデンプン。白色の粉末または塊状。
水分を含んだ製品に配合する場合には、防腐性に充分に注意する必要がある。
のびがよく、さわやかで独特な感触があることから、化粧品の感触改良にタルクなどと混ぜて使われている。
主に、スクラブ剤、吸着剤、結合剤、増量剤、親水性増粘剤などとして、フェイスパウダーやパウダーなどに配合される。
コムギ杯芽エキス
イネ科植物、コムギの胚芽から得られたエキス。
成分として、ビタミンE、フィトステリン、レシチン、糖類を含む。
淡褐色の液体で特異臭がある。

血行促進性、抗炎性、保湿効果、柔軟効果があり、皮膚コンディショニング剤、アンチエイジング対策として乾燥肌用の化粧品に配合され、また育毛用のヘアトニックにも使用されている。
コメデンプン
コメデンプンとは、イネ科植物のイネの種子(コメ)から抽出して得られるでんぷんです。白色の粉末または塊状。
コメデンプンには、皮膚に無害で、付着力、被覆力があります。湿度が高かったり、発汗が多かったりすると、べとついたり、固まったり、毛孔を塞いだりする。
また、微生物が繁殖しやすいので、防腐性には注意が必要。
肌への伸びと感触の改良を目的とした化粧品に使われる。
パウダー類にはタルクなどと合わせて使われ、柔軟剤にはグルセリンなどと合わせて配合されている。
主に、吸着剤、増量剤、柔軟剤などとして、クリーム、フェイスパウダー、ベビーパウダーなどに配合される。
コメヌカエキス
コメヌカエキスとは、玄米を精米した時に出る種皮や胚芽(米ぬか)から抽出されるエキスの事。ビタミンEやビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、γ-オリザノール、ミネラル、アミノ酸などを含む。
抗酸化作用や保湿効果、血行促進作用、皮膚細胞活性作用、エモリエント効果、抗炎症作用、紫外線防御効果、収斂作用があり、化粧水や乳液、クリーム、石鹸などに配合されている。
コメ胚芽油
イネ科植物のイネの種子のある胚芽から採取される油脂。主成分はトリグリセリドでγ-オリザノールは有用成分として有名な原料。
柔軟効果、保湿効果、肌機能活性化効果が優れており、健康で柔軟な肌に整え、乾燥から肌を守る目的で各種化粧品やオイル製品に配合されている。
活性酸素除去、過酸化脂質抑制、抗酸化、抗炎症作用によるメラニン生成抑制、保湿作用等を行う。
コラーゲン
コラーゲン は、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。
体内に存在しているコラーゲンの総量は、人体では全タンパク質のほぼ30%を占め、体内で働きかけるだけでなく、人間生活においても様々なものに利用されている。ゼラチンの原料として使われたり、化粧品、医薬品などにも用いられている。
コラーゲンを多く含む健康食品が、皮膚の張りを保つためや関節の痛み改善のために販売されている。
コラーゲンを配合した化粧品が数多く販売されている。コラーゲンは主に保湿剤の目的で使用される。皮膚表面に塗布することにより潤いを感じることはできるが、塗布したコラーゲンが皮下に吸収し利用されることはなく、健康な皮膚の細胞が自らコラーゲンを産生し、皮膚組織に組み込んだものの代替とはならない。
コレステロール
コレステロールまたはコレステリンはステロイドに分類され、その中でもステロールとよばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。
生物にとって重要な皮膚の細胞間脂質の構成成分で、白色の薄片状、または粒状の結晶。融点が150℃で、オイルによく溶け、水には溶けない成分。水に溶けないが、水を抱え込む性質がある。
皮膚柔軟化、肌荒れ改善、保湿、エモリエント、表皮にやわらかい膜を作り、肌にハリを与えキメを整える。
健康的には動脈硬化など悪いイメージもあるが、身体には細胞膜や性ホルモンなどの重要な成分である。
コンドロイチン硫酸ナトリウム
コンドロイチン硫酸はヘキソサミン、ウロン酸、硫酸からなる酸性ムコ多糖類の一種で、軟骨、骨、腱、血管壁、皮膚、その他の結合組織に基質成分となって、タンパク質と結合し動物体内に広く分布している。(ムコ多糖類の機能として)
哺乳動物や魚類の軟骨より抽出、精製してつくられる。ムコ多糖類。白色〜薄黄色の粉末。
高分子アニオンの性質を利用してカチオンの交換および調節、陰電荷の反発現象を利用する最近の防御、タンパク質とくにコラーゲン繊維の生合成の調節、脂肪血浄化作用などが考えられるという。
化粧品では水溶性高分子としての性質が利用され、増粘剤、乳化安定剤としての利用よりは、保湿剤あるいは製品に滑らかな使用感を与える感触改良剤として添加される。
角膜の保護作用にも優れ、目薬に配合されたりもする。
コンフリーエキス
コンフリーエキスとは、ムラサキ科植物、ヒレハリソウの葉から抽出したエキス。
アラントイン、タンニン、多種類のビタミンを成分として含んでいる。
コンフリーエキスのなかに含まれるアラントインという成分は、炎症を鎮め、かゆみを抑える作用があるため、アトピーやアレルギー、ニキビ肌用の基礎化粧品に使用されている。育毛作用もあり、ヘアケア製品や育毛剤にも使用される。
コーヒー種子エキス
コーヒーエキス(コーヒー種子エキス、コーヒーノキエキス)とは、アカネ科植物コーヒーの木の種子及び葉から抽出したエキス。
成分として、カフェイン、タンニンを多く含み、微量のテオブロミンも含む。
コーヒーエキスの働きには、中枢神経興奮作用、血管拡張作用、利尿作用、抗酸化作用、抗菌作用、ヒアルロン酸の切断を抑制する、紫外線による皮膚損傷から皮膚を守るなどの効果があるといわれている。
収斂効果があり、保湿効果が高いので、引き締まったキメの細かい肌に整える目的の化粧品に配合される。
化粧水、美容液、乳液、洗顔料などに配合される。
コーンスターチ
イネ科植物、トウモロコシの種子の胚乳から得られるデンプン。
白色の粉末または塊状。
感触改良や肌への伸びを改良する目的で、フェイスパウダーやコンパクトパウダーなどにタルクと混ぜて使用される。パック、クリームにも配合されている。
水分を含む製品に配合する場合は、防腐性に充分注意が必要。
コーン油
コーン油とは、とうもろこしの種子から分離した胚芽部分(コーンジャーム)から抽出される不飽和脂肪酸が多く含まれている液状の油脂。ビタミンB群、ビタミンE、糖分、各種ミネラルなどを含む。
主に食用油として利用されるが、不飽和なためコレステロールを低下させる。
皮膚表面に保護膜を作り、皮膚の乾燥を防ぎ、しなやかでツヤのある毛髪にする。
昔からとうもろこしのひげを煎じて飲むと、シミやそばかすのもとになるメラニン色素の排泄に効果があると言われている。
ゴボウエキス
キク科植物であるゴボウの根から抽出されたエキス。炭水化物、イヌリン、タンリン、多糖類、難消化性食物繊維等を含む。
ゴボウそのものは炭水化物だが、難消化性の食物繊維であり、タケノコの2倍強、セロリの4倍程度といわれる。この食物繊維が腸の老廃物を抱きこみ、排出される。
ゴボウエキスのイヌリンは粘液質で、緩やかに便通をよくする働きがある。
また、イヌリンは体内で糖に変わりにくく、血糖値の上昇を抑制する働きがある。
タンニンやクロロゲン酸には収斂(しゅうれん)作用があり、剥いて捨ててしまう皮の部分には、アルギニン(アミノ酸)が含まれる。
抗炎症、抗菌、血行促進、保湿、キメ調整、コラーゲン産生、フケ防止、制汗、創傷治癒、脱毛予防等を行う。
ゴマージュ
ゴマージュとは、フランス語でやさしくこすり込むという意味で、皮膚表面の古い角質を取り除く美容法。
ゴマージュは、ハーブや天然の植物の種などで行うことがほとんどで、あかすりのように角質や毛穴の汚れを落とす。
ゴマ油
ゴマ油とは、その名の通りゴマの油脂分を原料として植物油。ゴマ特有のにおいがある。
主成分はオレイン酸、リノール酸のトリグリセリドを含み、またセサミン、セサモールなどの抗酸化力のある成分を含む。
インドのアーユルヴェーダにもゴマ油が使用されている。
ゴマ油は抗酸化作用が強い上に、アルコールの分解を助け、肝臓にも優しい。しかしながら、ゴマ油はカロリーが非常に高いため、摂りすぎると肥満の原因になる。
肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れているので、乾燥から肌を守り、柔軟な肌に整えるオイル製品や各種クリーム、乳液などに配合されている。
抗酸化性の強いセサミン、セサモールは、老化予防においても期待の大きい成分である。
また、ゴマ油に含まれているリノール酸も、過剰摂取すると老化を促進する恐れがあるので適量を守りたい。
合成スチーブンサイト
粘土鉱物スチーブンサイトを化学合成して得られた原料。
酸化ケイ素、酸化マグネシウムが主体の含水鉱物である。
増粘効果、触感があり、クリームやゲル化系のベースの構造を安定にする目的で用いられる。
抗酸化成分SOD
細胞は酸化することによりその老化の速度を速める。紫外線などによって、体内では活性酸素が発生する。その活性酸素が、肌細胞を酸化させ、シミ・ソバカス・くすみなどの元となる。 内外からのストレスが多い現在、活性酸素による酸化を防止することが、「若さ」と「健康」の条件になる。「抗酸化成分」とは、酸化を防止する成分のことである。
SOD酵素は体内で過剰に発生した活性酸素を消去する働きをします。
SOD酵素が私達を病気から守り、健康に保ってくれます。
ところがSODの力も個人差があります。同じ日光に当たっても、シミや
ソバカスが出来る人と出来ない人がいます。
シミやソバカスが出来にくい人はSODの力が強いと言ってよいでしょう。
SODの力が強い女性は、お肌がしっとりとなめらかな状態を保っています。
紫外線等で発生するお肌の活性酸素をSODが完全に中和しているからです。
■40歳を超えるとSODの活動力が低下■
40歳を越すほどの年齢になると、SOD等の酵素の活動力が低下し、
活性酸素や過酸化脂質の弊害に対抗出来なくなってきます。
40代を過ぎた頃から生活習慣病やガンにかかる人が多くなるのはこの為です。
又、シミやしわが増え、皮膚がかさかさに乾燥してくる老化現象もSODの
活動力低下によるものです。
■活性酸素を消去する力のある食物■
SOD酵素そのものは、内服しても胃液で破壊されてしまい、何の効果
もなくなります。
しかし、穀物・野菜類はSOD酵素に似た、活性酸素を消去する成分
(低分子抗酸化剤)を含みます。年と共にSODの活動力が低下する為、
活性酸素を消去する力のある食物を日常摂取する事をお勧めします。

低分子抗酸化剤:ビタミンC、E、B2、カロチン、カテキンポリフェノール、etc
(化学合成された成分は細胞に吸収されない為、天然の物を摂りましょう)
■SOD酵素を含む健康食品■
最初は、SODを始め、活性酸素を消去する酵素群を多く含む、
良い栄養補助食品が出ています。
穀物を焙煎、発酵等の処理をする事で、効率よく成分を
吸収できる様にしています。
米発酵エキス
イネ科植物、イネの果実「コメ」を発酵させ抽出したエキス。
ヌカ部分を含む米の粉から抽出したエキス液を、特殊な酵母により約3週間にわたり大切に発酵させたもので、肌によい米由来のアミノ酸(天然保湿因子)を豊富に含んでいるもの。
保湿効果に重要な脂質セラミドの合成を促進し、肌荒れ防止の医療部外品の主剤として承認された。
肌本来の保湿効果を高め、潤いのある健康な肌へと回復する、高保湿効果の商品に使用されている。
紅茶エキス
紅茶エキスとは、ツバキ科植物、アッサムチャの葉を乾燥させ発酵させて作った紅茶を抽出して得られたエキス。
カフェインやタンニン、アラントイン、カテキン、多糖などを含み、抗酸化作用や収斂作用、美白効果(チロシナーゼ活性阻害作用による)、抗炎症作用、抗菌作用、育毛効果(皮膚刺激などによる)、コラーゲン生成促進作用などがある。各種化粧品に皮膚コンディショニングの目的や酸化防止剤として配合される。また、育毛剤やうがい薬にも配合される。
紅藻エキス
紅藻エキスとは、紅藻(オゴノリ、トサカノリ、テングサ、キリンサイなど)から抽出した海藻エキスで、水溶性高分子、ミネラルを豊富に含む。
紅藻エキスは、保湿力、抗酸化力に優れている。豊富なビタミンの働きで、他の海藻エキス(褐藻エキス、緑藻エキス)とあわせて、アンチエイジングの相乗効果が期待される。
ヘアケア製品での効果には、髪の毛をしっかり保つミネラルの補給と、高分子によるミクロのコーティングをするはたらきがある。下半身をスリムにするボディーパックやエステのクレイパックに、引き締め成分としても入れられる。スクラブではないので、皮膚をいためることなくスムーズに新陳代謝を高める。
酵母エキス
酵母エキスとは、酵母を原料とした様々な調味料・食品添加物のことである。成分としてグルタミン酸を含み、うま味調味料であるグルタミン酸ナトリウムと同様に用いられる。食品の他、微生物の培養に用いる培地にも栄養源として頻繁に添加される。
保湿作用や細胞賦活作用があり、中には皮脂をコントロールする効果があるといわれている
酵母は、過剰に分泌して肌を脂っぽくする皮脂を適正にコントロールして、肌のオイルと水分量の比率を正常に導く効果をもったものもある。
そのため、オイリー肌用の化粧品に配合されている場合が多くみられる。
鉱物油
石油を分別蒸留させた時に残るカスのこと。これをさらし粉で脱色し、硫酸で処理し無色化させて無味無臭にしたものをワセリン、パラフィンと呼び、化粧品やクレンジング剤などによく使われている。
安定性に優れ皮膚への浸透を起こさないため、鉱物油が直接的に肌に害を及ぼすことは少ないと考えられている。また、伸びがよく、肌へのダメージをブロックしてくれるので、化粧品に適した特性を持っているといえる。
但し、鉱物油の欠点はメイクにより肌の皮膚呼吸が出来なくなってしまい、肌が弱りやすいこと。

▲ページの上部に戻る


最安値 サプリメントとのセット購入が一番お得です!1本(100ml)+1箱(30粒)セット特価 9,504 円(税別)
サプリメント - 1箱30粒入り1ヶ月分[ご購入はこちらから]オールインワン美容液 1本100ml入り2〜3ヶ月分[ご購入はこちらから]
pagetop
プラセンタ・ラボ トップ 商品一覧 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー 会社概要