VISA master JCB AmerricanExpress 無料会員登録 ログイン カートを見る
プラセンタ・ラボ HOME 製品の優位性 製品の飲み方 今すぐご注文 定期コース お客様の声

重要なご連絡: プラセンタ・ラボはリニューアル致しました!【Joyプラン公式サイト】◆ こちら ◆  『プラセンタ01』の詳細は◆ こちら ◆
メインメニュー 当店プラセンタの優位性 お客様の声 ご購入理由ランキング プラセンタの飲み方 安心の試験成績書 全公開 プラセンタのアミノ酸含有量比較 よくあるご質問 店長挨拶 ご注文の流れ 取扱い商品一覧 初めての方はお試しパック! 定期コースが断然お得! キャンペーン情報 プラセンタ01お試しパック 定期購入がオススメです! プロ用導入液PPエッセンス プルベイヴ-高級枠練り石鹸- プラセンタはどれも同じではありません サプリメントの選び方 プラセンタ注射をする前に プラセンタのはたらき プラセンタ体験談 プラセンタ体験!私たちの2ヶ月 プラセンタで火傷が… プラセンタで黒皮症が… 血液検査で驚きの結果! プラセンタコラム プラセンタについて 婦人科系の病気とプラセンタ 身体に関するお話 美容辞典 お問合せはこちら 皆様の声をお聞かせください フリーペーパー掲載誌 他ショップQR 楽天ジョイショップQRコード プラセンタ・ラボQRコード
SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
プラセンタ・ラボの美容辞典
美容に関する辞典です。
下記からキーワードの頭文字を選択してください。

サザンカ油
ツバキ科植物、サザンカの種子から抽出された液状油。
オレイン酸を多く含む。
柔軟効果に優れ、肌を柔らかくし乾燥から皮膚を守る目的の化粧品に、他のオイルと混合して使用される。また毛髪にしなやかさとツヤを与えるヘアパック、ヘアオイルなどに使用されている。
サフラワー油
サフラワー油は、ベニバナの種子から採取される油脂。紅花油(べにばなゆ)とも呼ばれ、主に食用油として用いられる。
ベニバナは色素原料として古くから栽培されてきたが、食用油原料として用いられるようになったのは近代に入ってからである。1950年頃からアメリカで商業生産が始まったが、当時は塗料やワニスなどの原料として利用された。工業用としては1960年代頃から生産が増えた安価な大豆油に代わられ、サフラワー油の用途は食用へと変化していった。
日本には1958年にサラダ油として販売が始まった。当時日本にはベニバナに対する関税の規定がなく、価格面で大豆油と対抗できた。
1957年に、オレイン酸を主成分とするベニバナの変種が発見され、のちに品種改良によりハイオレイック(高オレイン酸)油として生産されるようになった。1990年代に入るとリノール酸の摂りすぎの弊害が指摘され、従来の高リノール酸タイプからハイオレイックタイプへの転換が進んだ。
日本ではリノール酸に対するかつての健康イメージもあり、主に家庭用高級食用油として、大豆油や菜種油に比べ高価格で販売されている。
日本での消費量は年間約6万トン前後で推移している。
水素添加すると粗い結晶が生じるため、そのままではマーガリンなどには適さないが、綿実油の添加によりある程度防止できる。
柔軟効果があるので、乳液やクリームに他のオイルと混合して配合される。
さっぱりした使用感を持ち、後肌の感触を調整することにも使われる。
サフランエキス
アヤメ科植物、サフランの花柱枝、柱頭から抽出されたエキス。
カロチノイド配糖体のクロシン、苦味成分ピクロクロシン、クロセチンを成分に含む。

血行促進効果、皮膚細胞活性効果があるので、加齢対策の目的の化粧品に配合されている。
サプリメント
サプリメントとは、アメリカ合衆国での食品の区分の一つである「ダイエタリー・サプリメント」の訳語で、狭義には不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助することや、ハーブなどの成分による薬効の発揮が目的である食品であり、他にも、生薬、酵素、ダイエット食品など様々な種類のサプリメントがある。
栄養補助食品、健康補助食品とも呼ばれ、略称は「サプリ」。
サボンソウエキス
ヨーロッパ原産のナデシコ科多年生の草本植物サボンソウの葉や根などから抽出されたエキス。淡緑褐色から褐色の透明な液体で、わずかに特異なにおいがある。ヨーロッパのほぼ大半の地域や、東アジア、北アメリカに分布していて、サポニン類やフラボノイド配糖体などを豊富に含む。
根と茎は肌の疾患を治療するために伝統的に用いられている。葉には天然の界面活性成分が豊富に含まれており、根や葉を細かく刻み、水に入れて強く振ると、成分中に発泡性のあるサポニンが反応し泡立つ。その自然発泡の性質は、肌を洗浄するのに適した石鹸成分となる。
洗浄効果に優れ、汚れを取り清潔に保ち、古い角質を取り除く。その他、抗炎、抗脂漏、鎮痒、発汗等を行う。
主に、洗浄剤などとして、乳液やクリーム、洗顔料、石けん、パック、シャンプー、ボディシャンプーなどに配合されている。
サラブレッド
サラブレッドは、18世紀にイギリスでアラブ馬やハンター(狩猟に用いられたイギリス在来の品種)等から競走用に品種改良された軽種馬である。
現在も、競馬で勝つことのみを目的とし日々交配と淘汰とが繰り返されている。
騎乗や50数kgの重量を背負った状態で、数分間継続して60から70km/hの速度で走ることができる。

血統の良い馬や優秀な成績を残した馬は億単位の価格で取引されることもある。
主な生産国はアメリカ、オーストラリア、アイルランド、日本などで、世界では毎年11万頭ほどが生産されている。
競馬以外では乗馬目的にも使われ、オリンピックの馬術競技で活躍することもある。
他の品種を改良する際にもしばし使われ、クォーターホースやスタンダードブレッド、セルフランセなど多くの馬種の礎となった。語源はThorough(徹底的に) + bred(改良された品種)より。また、純血を意味するアラビア語の直訳という説もある。
サリチル酸
サリチル酸は、ベンゼン環にカルボキシル基とヒドロキシ基を併せ持つ物質で、無色の針状結晶である。隣接するヒドロキシ基の影響でカルボン酸としては比較的強い酸である。そのまま飲むと胃穿孔を起こし腹膜炎の原因となる。酸性を弱め胃を通過できるようにしたものがアセチルサリチル酸である。
配合量によって肌への作用が変わってくる。
殺菌防腐作用、角質溶解作用があり、医薬品では、角質溶解剤としてや、うおの目、イボなどを除去する目的でそれぞれの量が配合されている。
化粧品では、雑菌の繁殖を防ぎ、角質層を柔軟にする目的で配合されている。
シミやソバカス、ニキビやフケに効果があり、角質剥離効果のあるローションやニキビ肌用の化粧品などに使用される。ニキビ用化粧品においてサリチル酸は、古い角質を調整し、毛穴まわりをすっきりさせて、ニキビになりにくくする。
サリチル酸メチル
サリチル酸メチルとは、サリチル酸をメチル化して合成。シラカバ油、ゲッカコウ油、カッシア油、チョウジ油など、約160種の植物に配糖体として含まれている。薄黄色の液体で独特の強い臭いがある。市販品の大部分は合成品。水にはほとんど溶けず、アルコールにはよく溶ける性質がある。
鎮痛、解熱、消炎などの作用があるが、皮膚刺激性があるので、配合量は他の清涼成分やアルコールの配合量を考慮して決める必要がある。
化粧品では、ふけ・かゆみの予防や育毛を目的とした頭髪用化粧品、整肌を目的とした基礎化粧品などに配合され、歯みがきの香料としても使われている。
主に、変性剤、香味剤、消炎剤、鎮痛剤などとして、基礎化粧品や頭髪用化粧品などに配合される。
サルコシン
筋肉中のアミノ酸クレアチンの分解生成物。
アミノ酸誘導体であるサルコシンとヤシ油脂肪酸とを合成させたアミノ酸系アニオン合成界面活性剤を、ココイルサルコシンという。
化粧品においては、起泡力や湿潤力、耐硬水性があり、乳液やクリーム、ファンデーションや石けんなどに配合されている。
サンザシエキス
バラ科植物、サンザシの花、葉、果実から抽出して得られるエキス。
フラボノイド、ビタミン類、精油成分を含む。やや特異な臭いあり。
球形で赤や黄色の実は、渋味があり、胃腸薬(日干しにしたものを煎じる)として、食物の消化を助ける効果がある。
保湿成分、美白効果、収斂効果などに優れている。
乾燥、クスミを防ぎ、キメ細かい肌へと整える。化粧水、クリーム、シャンプー、リンスなどに配合されている。
サンショウエキス
ミカン科植物、サンショウの果皮から抽出されたエキス。
精油成分サンショオールやタンニンを含む。

抗菌効果、血行促進効果があり、頭皮に刺激を与え、毛髪促進の働きを持つ化粧品に配合される。シャンプー、ヘアコンディショニング製品に使用される。
ザクロエキス
ザクロの果実より抽出したエキス。
ザクロは、イラン(旧ペルシャ)が原産地で古くから「生命の果実」と尊ばれてきた。1つの実の中に甘酸っぱい味の小さな果実が入っている。
ペルシャ伝統医学書でも、血液の汚れを取り、体のバランスを整え、自然治癒力を増強するなどの薬効があると書かれている。
ザクロには植物エストロゲンが含まれていて、人間のエストロゲンと類似した活性をもつ化学構造である。エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備のために働きかける女性ホルモンであり、女性だけでなく男性の前立腺がんのがん細胞を死滅させたということが研究で分かっている。
ザクロの効能については、美容、バストアップ、更年期症状の緩和、老化予防、成人病の予防、腎結石や尿路結石などの改善や血液の浄化などがある。
ザクロエキスを飲むことで、肌の弾力を取り戻したり、キメを細かくしたりする美肌効果や美容にとても良い効果があると期待されている。
ザクロエキスに含まれる成分が女性ホルモンに似た働きをするので、バストアップにもとても良いとされる。
また、ザクロエキスに含まれるエストロゲンが、子宮内膜を柔らかくして厚くし、子宮環境を整える役割をすることから、不妊治療にも効果があると期待されていて、男性の精力減退にも良いとも言われている。
珊瑚草エキス
塩性湿地に育つサルコニアから抽出されるオイル。
肌細胞同士を結合するプロテイン、デスモソームの発現を促進する。
またNMFと細胞間脂質の生成も増加する。
酢酸エチル
酢酸エチルとは、バナナやイチゴに多く含まれる香り成分。
酢酸とエチルアルコ−ルから水がとれて(脱水縮合)できたエステル化合物である。ネイルエナメルの溶剤、食品香料や香水に使う。
酢酸エチルは、無色透明の液体で果実様の芳香がある。バナナやイチゴに多く含まれる香り成分である。ネイルベースとしての溶剤では、皮膜形成剤になる油溶性の原料をよく溶かす。酢酸エチルの蒸気は空気より重いが、揮発性もあり、引火しやすい。果実臭のするネイルエナメルには酢酸エチルを多く含むので、保存に注意する。植物から有効成分を抽出するにも使われる溶剤である。例えば、ソウハクヒエキスは、エタノールだけよりも、エタノールと酢酸エチルを混合したほうがより多くの発毛成分が取れるとされる。
酢酸トコフェロール
酢酸トコフェロールとは、ビタミンEの誘導体で、酢酸エステルである。皮膚に含まれている酵素でビタミンEのトコフェロールに変化し、肌への活性効果がある成分。皮膚への血液循環をよくする働きがある。
無色〜黄色透明のやや粘性のある液体。
水にほとんど溶けず、植物オイルなどに溶ける。
酢酸トコフェロールは、脂溶性ビタミンとして皮膚の脂質で吸収されやすい形になっている。
医薬品としても、抗酸化作用、ホルモンバランス失調の是正作用を持つ。
食品では大豆、胚芽米などに多く含まれているが、酢酸トコフェロールを含む医薬品や健康食品では、身内にアレルギー体質がいる人は、注意して服用する必要がある。
肌荒れ防止のための化粧品、加齢によるトラベル防止のための化粧品、血行を良くしクスミ改善のための化粧品に幅広く配合されている。
酢酸トコフェロールは過剰に使うと、食欲不振などの副作用がでるため、表示指定成分になっている。
酢酸ブチル
酢酸ブチルは、ラッカーの製造などに用いられる化学物質、ネイルエナメルに用いる皮膜形成剤のニトロセルロースを溶かすための中沸点の溶剤。
バナナ様の甘酸っぱい芳香を持つ無色の液体で、キャンディ、アイスクリーム、チーズなどに果物の香りを付ける物質を製造する原料として使われる。
実際に、多くの果物に含まれ、他の物質と組み合わさって特徴的な香りを作っている。例えばリンゴ、特にレッド・デリシャスの香りの一部はこの物質である。
ニトロセルロースはセルロースの硝酸エステルで、乾燥した状態では自然発火するので、溶剤で溶かして使用。
ネイルエナメルのベースの延びを良くしたり、仕上がりの膜の曇りをなくす目的で他の溶剤と混合して使用する。

他に酢酸イソブチル、酢酸tert-ブチル、酢酸sec-ブチルの3種類の構造異性体を持つ。
酸化チタン
酸化チタンは、イルメナイトまたはチタンスラグから塩素法などから製造された白色の微細な粉末。
被覆力、着色力にすぐれた白色顔料で、おしろい、メーキャップ化粧品には欠かせないもの。またアイシャドー、アイライナーなどメイク効果を演出するため広く使われる原料でもある。
紫外線散乱効果も高いため、サンスクリーン剤にも多用されていて、微粒子酸化チタンは、より透明感と紫外線遮断効果に優れているので、高SPF商品の主要原料となっている。
近年の技術開発により、それぞれ粒子の大きさを超微粒子化したり、薄片化できるようになり、密着力や紫外線防御効果、使用性などが高められてきた。
酸化亜鉛
可溶性亜鉛溶液から合成する湿式法、または亜鉛鉱石から直接酸化して合成する乾式法によって得られる白色の微細の粉末。においや味はない。
収斂効果、消炎効果がありカラミンローションやボディーパウダーなどに使用される。また透明感ある白色顔料としてファンデーションや粉白粉などメークアップベースに使われる。
被膜作用、紫外線遮断作用にも効果があり、紫外線カット製品に使われる。
分散性が非常に悪く、化粧品に配合するには安定化の技術を必要とする原料である。
酸化鉄
酸化鉄とは、鉄の酸化物の粉末であり、酸化度によって、黄色、赤色、黒色の3種類がある。
酸化鉄は、伝統的に化粧品の着色顔料(色成分)として使われてきた物質の1つである。
3種類の色は、それぞれ黄酸化鉄、ベンガラ、黒酸化鉄といわれている。これらの色調は、製造時の温度、濃度、pHや粉末の粒子径に左右されるが、市場に出ている顔料は、これらをブレンドしたものである。現在、酸化鉄は、ファンデーションやアイシャドーなどに色をつける、もっとも一般的で大量に使われている顔料となっている。酸化鉄は有機物ではなくとくに化粧品グレードのものは害が少ないので、自然派化粧品をはじめ、口紅、アイシャドーの色づけにも使われる。

▲ページの上部に戻る


最安値 サプリメントとのセット購入が一番お得です!1本(100ml)+1箱(30粒)セット特価 9,504 円(税別)
サプリメント - 1箱30粒入り1ヶ月分[ご購入はこちらから]オールインワン美容液 1本100ml入り2〜3ヶ月分[ご購入はこちらから]
pagetop
プラセンタ・ラボ トップ 商品一覧 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー 会社概要