VISA master JCB AmerricanExpress 無料会員登録 ログイン カートを見る
プラセンタ・ラボ HOME 製品の優位性 製品の飲み方 今すぐご注文 定期コース お客様の声

重要なご連絡: プラセンタ・ラボはリニューアル致しました!【Joyプラン公式サイト】◆ こちら ◆  『プラセンタ01』の詳細は◆ こちら ◆
メインメニュー 当店プラセンタの優位性 お客様の声 ご購入理由ランキング プラセンタの飲み方 安心の試験成績書 全公開 プラセンタのアミノ酸含有量比較 よくあるご質問 店長挨拶 ご注文の流れ 取扱い商品一覧 初めての方はお試しパック! 定期コースが断然お得! キャンペーン情報 プラセンタ01お試しパック 定期購入がオススメです! プロ用導入液PPエッセンス プルベイヴ-高級枠練り石鹸- プラセンタはどれも同じではありません サプリメントの選び方 プラセンタ注射をする前に プラセンタのはたらき プラセンタ体験談 プラセンタ体験!私たちの2ヶ月 プラセンタで火傷が… プラセンタで黒皮症が… 血液検査で驚きの結果! プラセンタコラム プラセンタについて 婦人科系の病気とプラセンタ 身体に関するお話 美容辞典 お問合せはこちら 皆様の声をお聞かせください フリーペーパー掲載誌 他ショップQR 楽天ジョイショップQRコード プラセンタ・ラボQRコード
SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
プラセンタと言っても全て同じではありません
プラセンタ・ラボ店長

プラセンタ・ラボ店長の坂田と申します^^


このページをご覧になられている皆さまは、『プラセンタ』というものに興味を持たれてここへ辿り着かれたことかと存じます。
そして、『プラセンタ』への期待も大きいものかと思われます。
二十数年に渡り、美容と健康に関する商品を取扱ってきた私が、
「どうしてこれほどまでにプラセンタにこだわるのか」という驚きの経緯についてお話いたします。

少々長い文章になりますが、私の実体験の記述もございますので、是非ご一読ください。


『プラセンタ』の始まり

弊社の場合、流行に乗ってプラセンタを扱ったわけではなく、

プラセンタの取扱いに至る経緯は昭和59年に遡ります。


プラセンタのすさまじい効果がお分かりいただけると思いますので、

お時間があるときに取り扱い何でか物語@(火傷完治実例)をご一読いただければたいへん幸いです。


さて、上記リンク中のプラセンタによる火傷完治事件から5年後、

私は縁あってこの美容健康産業に身をおくことになり、

そこで再度、運命的なプラセンタとの出会いがありました。


これまた驚きの連発でございましたが、このことは取り扱い何でか物語A(リール黒皮症)でご紹介いたしておりますので、 こちらもご一読いただければと存じます。


その頃は法律的な問題が無く、人のプラセンタを化粧品原料として使用することも可能でした。


そんな折り、私はある化粧品と出会うことになりました。
その化粧品は、チ○○○ドリンクで有名な○○薬品に胃潰瘍のお薬(医療用)を卸されている製薬メーカーが開発したもので、

化粧品に使用されていたプラセンタは(今では到底信じられませんが…)人胎盤(プラセンタ)であったこと!
更に、この人胎盤は医療用認可された薬でした!
プラセンタ胎盤

『プラセンタ』の驚きの効力
二十数年前の当時、医療用(薬)として日本国内で認可されていたプラセンタは合計4つ、 フランス2社、スイス2社、でした。 私はこのスイス製の一つである、薬品名イン○○リン(人胎盤製プラセンタ)使用の化粧品を扱う縁に恵まれましたが、

薬品であるがゆえに文献集には事欠かず、複数の大学病院で取れた治験データが製本されたものから、研究所内のデータまで豊富でした。


大学病院内でのプラセンタ治験データは、症例こそ多様ですが、治療の方法論は全て投与(注射)によるものでした。


中でも驚いたのは写真でビフォーアフターが紹介されている黒皮症患者の方たちの改善事例でした。

治療日数80日前後、投与回数30回前後でお顔の色が黒から白へ、更にお顔の変形まで治癒しており、肌の色ばかりでなくお顔の形まで変わったことにより、まるで別人なのです。


『プラセンタ』はどれも同じ?…ではありません!

こんなデータがなぜ生まれたのか?当然興味が湧くところですが、この薬以外に当時国内で承認されていた医薬品認可のプラセンタでは、他の3社も医薬品認可だからイン○○リンと同じ能力かといえばそうではなかったのです。 それは比較データとして証明されており、イン○○リンの優れている点は、プラセンタ抽出精製後の各種成分の残存量、残存比率になりました。


プラセンタの凄さは、このときの成分比較の指標とされていた平時の血液中成分との差によって理解することができました。
プラセンタには、赤ちゃんを育むための様々な能力が結集されているといえるでしょう。
例えば、体内での化学変化に不可欠な体内酵素の値が、平時(妊娠していない状態)の時よりとても高い数値を示していること。また、赤ちゃんを様々な抗原から守るためと思われる尿素や尿酸の数値、どれをとっても凄い値を持ち合わせています。 プラセンタは赤ちゃんを育むための様々な能力が終結しています

ところが、他の3社のデータを見ると、アルカリと酸性の体内酵素が0に近い値であったり、その他の成分についてもイン○○リンと比べると低い数値に留まっていました。
同じ医薬品に認定されているプラセンタのデータがここまで違っていていいものか?と素朴な疑問も湧いてきましたが、ハッキリとお薬の裏社会を垣間見た気がしました。
ということは、単にプラセンタ注射といっても、中身(製品)いかんでは、まったく異なる結果が出るということになります。


『プラセンタ』はまず成分を比較してから

もし、注射でのプラセンタ摂取を受けられる際には、その料金がいくらかということよりも先に、そのプラセンタの力量(成分的能力背景)及び実証例をお調べになることをお勧めせねばなりませんし、このことはプラセンタ注射だけでなく、サプリメントを召し上がられる際も同じであるということです。


プラセンタ注射ならばどれも同じではない、サプリメントもどれも同じではないという意味です。


本来ならプラセンタは、プラセンタ注射のみならず、病院で使用する場合も、化粧品原料に使用する場合も、健康食品として用いられる場合も、その原材料としてのランクを表示する、あるいは能力に直結する分析値を公開すべきではないか?そう思うわけです。

サラブレット馬プラセンタ 事実、現在弊社が入手している馬プラセンタ(サラブレッド)を取り扱う精製工場では、全国何箇所もの美容外科に向けて豚プラセンタ(無菌豚)を販売していますが、工場も美容外科も豚プラセンタより弊社が使用している馬プラセンタ(サラブレッド)の方が優れていることを知っておられます。

しかし、なぜ取引に至らないか?と申しますと、単純に原料原価が高いからに過ぎません。このことは私どもにとっては幸いなこと(現時点では希少性がかなり高い)ですが、判断ができない消費者にとっては問題であることは否めません。 プラセンタ注射もサプリメントも、原料表記は何に由来するプラセンタであるかという表記だけでよく、その中にどんな成分がどの程度残されているかまでは表記義務がないのです。


ただ思いますのは、私は自身の火傷でプラセンタに出会い、その後偶然入った美容健康産業で最も優れたプラセンタに再開し、その医療用プラセンタを原料とした化粧品と出会い、この流れがプラセンタの良し悪しを考えさせる大きな要因になったことは事実です。 もし、このような流れが無ければ、判断脳が養われず、流行り廃りで意味不明のプラセンタに飛びついていたかもしれません。


プラセンタ注射に限らず、サプリメント、美容液も、その中に含まれるプラセンタがどれだけの能力を持っているかで、成果は大きく変化するはずです。 サラブレット馬プラセンタ

結論!
プラセンタといってもどれも同じではありません! 大いに違います!

最安値 サプリメントとのセット購入が一番お得です!1本(100ml)+1箱(30粒)セット特価 9,504 円(税別)
サプリメント - 1箱30粒入り1ヶ月分[ご購入はこちらから]オールインワン美容液 1本100ml入り2〜3ヶ月分[ご購入はこちらから]
pagetop
プラセンタ・ラボ トップ 商品一覧 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー 会社概要